書評

99%の無駄を知る

現代社会はキャパオーバー

我々は日々、テレビ、新聞、ラジオ、ネット、本、雑誌等から多種多様な情報を収拾選択をしています。
あれも大事、これも何かの役に立つかも、取り敢えず保存しておこうなどとインプットしています。

しかし、それらの情報は今すぐにあなたに必要ですか?
本棚に積読している本はありませんか?
先日買ったnoteもう読みました?
購読しているメルマガ、お気に入りにしているブログ読んでます?

結局どれもこれも中途半端になってません?

非エッセンシャル思考になってません?

この度こちらの本を読みました。

created by Rinker
¥1,404
(2019/01/23 07:18:45時点 Amazon調べ-詳細)

まず我々が日々生きていく上で「99%の無駄を知る」ということに気づくという事です。
例えば仕事でよく考えずに仕事を引き受けて「なんでこんなことやってるんだろう」

とかどうでもいい作業に追われて本来すべき仕事ができない。
常に動いているのに達成感がない。
これらはすべて「非エッセンシャル思考」なんです。

エッセンシャル思考とかなにか?

エッセンシャル思考とはなにか?一言で言い表すと
「99%の無駄を捨て1%に集中する」ということです。
あなたが今やろうとしていることは果たして今やらなければいけないことなのか?

「今自分は正しい事に力を注いでいるだろうか?」と絶えず問い続けるのが
エッセンシャル思考なんです。

これを実践する上で大事なのが
1 見極める
2 捨てる
3 しくみ化する

以上の3点が大事なんです。
以下にそれぞれの解説をしていきます。

見極める

自分は何が好きか?
自分は何が一番得意か?
世の中の大きなニーズに貢献できるのは何か?

これらを時間をかけて調査、検討し意見を交わし熟考する。
そうする事で本当に重要な事を見極めることが可能になるのです。

捨てる

例えば、クローゼットを片付けないで放置していたらどうなるでしょうか?
当然グチャグチャになり、夏服も冬服も区別出来なくなります。
また必要な服なのかどうかも判別つかなくなりますよね。

これは人生でも仕事でも同じ事が言えます。
必要な物と不要な物区別出来なければどうでもいいことで埋め尽くされてしまいます。

全ての物を手に入れるのは不可能なので必要な物を手に入れるには、不要なものを
捨てなければいけません。

では不要なものと判断するにはどうしたらいいんでしょうか?
まあ服の場合はそんなに難しいことではないでしょうが、これが
仕事の依頼となるとそう簡単にはいかないかもしれません。

やはり相手がいることですし、不要だと判断した場合には相手に「NO」と
言わなければいけません。
こういう場合は「もしこの話が来ていなかったら自分から積極的に取りに行っているだろうか?」
と自分に問うのです。

その答えがNOであれば今のあなたにその仕事は不要だということです。

しくみ化する

先程のクローゼットの例で言うならあふれるまで放置してそれから片付けるのでは
なくて切れになるしくみを日々の行動に組み込んで未然に散らかることを
防ぐ。これがしくみ化するということです。

ただ物事はクローゼットの様に単純には行きません。
仕事や用事は自分の思いとは裏腹に増殖したりトラブルが起こったりします。

でも確固としたルールとやり方を決めておけばそのような場合でもYESかNOかの
判断に悩むことがなくなります。

本当に今の自分に必要なものと不要なものを感情を挟まずにシステマティックに
仕分けしていくことができます。

今この瞬間を生きる

今この瞬間に生きるということはマインドフルネスの実践でもあります。
今この瞬間の自分の気持、体験に意識を向ける。瞑想に似てますね。

「99%を捨てて1%に集中する」

言い方を変えれば「捨てる勇気」とも言えます。

この本を読んで僕は先ず本棚に積読にして本を改めて手に取り今の自分に必要な本だけに
絞り残りは処分しました。

また服も2,3年着ていない物は思い切って処分しました。
メルマガ、ブログも本当に必要なものだけに絞り後は解除しました。

こうすることで今の自分に必要な事、物が見えてきました。

皆さんにも是非おすすめします。
あなたもエッセンシャル思考を身に着けて今の自分に本当に必要なことを
明確にしてみませんか?

created by Rinker
¥1,404
(2019/01/23 07:18:45時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です